iTunesカードの万引きが増えてきています。アクティベーション(有効)化していないとただの紙のカードですよ

iTunesカードの万引きが多数発生しているみたいですが、ここではっきり伝えておきます。

レジを通過していないiTunesカードはアクティベーション(有効化)されていないので紙クズ同然で使えないですよ。

万引き

コンビニや家電量販店で1万円分の表示が書いてあるiTunesカードは中学生などの子供にとってみれば金券に見えるのでしょうが、レジで有効化されていないと、いくら裏面のコード番号を打ち込んでも利用することはできません。

金券であれば当然店側もレジカウンターの後ろにしっかりと保管します。

一般陳列されているという事は金券になる前のタダのカードなんです。

もちろんコンビニなどに置いてある他のamazonカードや楽天ポイントカード、DeNAモバゲーやグリーのカードも同じですよ。

アクティベーション化(レジでの有効化)システムを知らない万引きをした子供たちが『このiTunesカード使えないので返品したい』とレシートなしに持ってくる事例が増えているのでそうです。

金券ではないからと言っても立派な犯罪ですので、お子様がおられる方はしっかりと教えてあげた方がいいかもしれませんね。

カード1枚1枚にしっかりと個別番号がありますし、不正利用はできないようにしっかりとガードされているんですよ。

コメント